header-img12

jigyousyomei18 daiji63

入浴の効果

訪問介護サービスの中で、「入浴介助」は、利用者様に喜ばれる援助項目の一つです。
全身を綺麗に洗い、湯船に浸かってもらうと、生き生きとした表情になり、
「気持ちいいね」「さっぱりするね」
と言ってもらえます。
利用者様の生き生きした表情を見られるので、
「入浴介助が好き」
と言う介護職員さんもよく見かけます。

さて、適度な入浴には健康効果があると言われていますが、なぜ入浴が身体に良いのでしょうか?

資料には、次のようなことが書かれていました。

① 皮膚を清潔にし、細菌感染を予防する。
② 血液やリンパの循環を促進する。
③ 新陳代謝を促進し、老廃物の排出を助ける。
④ 筋肉の緊張や疲労を和らげる。
⑤ 心身をリラックスさせる。
⑥ 胃腸や腎臓など臓器の機能を高める。

身体の清潔を保つだけでなく、いわゆる「デトックス効果」もあるのですね!
私たちも、入浴の時間は大切にしたいですね。
水分補給も忘れずに、入浴で健康促進を目指しましょう!

参考文献:中央法規 介護職員初任者研修テキスト 第2巻






最近の投稿


月別一覧



愛ゆう練馬ケアセンターブログに戻る

愛ゆう練馬ケアセンターに戻る